15分で学ぶ!障害者支援の基礎「福祉施設と社会活動」
第4回「3者対談!地域活動のツボを語る」

今回の最終回は、福祉施設の空間や当事者の力を地域課題の解決にいかす取り組みをご紹介いたします。

社会福祉法人武蔵野会(東京都)の2事業所から事例をお話いただきます。

小平福祉園では、近隣中学校への場の提供を通して、課題を抱える中学生の居場所づくり(学習場所の開放や施設内での元教員による授業場所の提供)、中学生の施設見学・車いす体験、地域とつながり「スマイル食堂」を開催している事例をご紹介します。

世田谷区立烏山福祉作業所の事例では、就労B型の作業探をしていたところ、地域住宅地の樹木剪定を受けたことをきっかけに、庭先の果実をいただき、事業所でジャムにして販売する取り組みや、地元商店街との連携や多様なイベント参加による利用者バンドの活動の場の広がりや地域交流の事例をご紹介いたします。

  • 講師:山内 哲也 社会福祉法人武蔵野会 リアン文京 施設長
  • ゲスト:外山 良裕 社会福祉法人武蔵野会 小平福祉園 係長
  • ゲスト:野々村 武志 社会福祉法人武蔵野会 世田谷区立烏山福祉作業所 施設長
  • 講義時間:Web講義15分


配信日:2019年2月25日

コンテンツを表示するには、ログインする必要があります。→ . あなたの施設はサポーターズ・カレッジ会員ですか? 参加しませんか