さまざまな支援上の記録の書き方

「さまざまな支援上の記録の書き方」について学びます。日々の支援の中で大切な利用者やその家族との情報共有、そして、支援の基盤となる利用者の状況の把握、支援者間での報・連・相など、毎日たくさんの記録を取りながら業務をされているはず。しかし、その記録になにを書けばいいのかとか、どのタイミングで、どのように書くのが大切なのかなど、きちんと理解をしながら記録できていますか?今回は、そうした様々な記録に焦点を絞り、その書き方や書くときに注意すべきポイントなどを学んでいきます。早く、正しく記録が残せるようになりましょう。

15分で学ぶ!障害者支援の基礎「保護者との連絡ノートの書き方」
テーマ利用者支援・技法 対象初任者 カテゴリー15分で学ぶ
2017年10月02日配信開始
講義動画を視聴する
15分で学ぶ!障害者支援の基礎「ケース記録の書き方」
テーマ利用者支援・技法 対象初任者 カテゴリー15分で学ぶ
2017年10月10日配信開始
講義動画を視聴する
利用者支援・技法のWeb講義
中堅者 人の能力を120%活かすための心の科学~利用者、職員の“有能さ”を活かす~ New!
初任者 個別支援計画とケース記録
中堅者 利用者面談レベルアップ