ステップアップ講座 障害者支援の実践
「リスクマネジメントへの取り組み」~SHELLモデル~

「強度行動障がい」についての実践編として、強度行動障がいの事例に基づき、事前評価、事前の対応と工夫、目標設定と具体的な支援・環境設定、標準化と振り返り等の実践方法についてわかりやすく解説します。

  • 講師:山内 哲也 社会福祉法人武蔵野会 リアン文京 施設長
  • 講義時間:Web講義30分


配信日:2016年10月27日

コンテンツを表示するには、ログインする必要があります。→ . あなたの施設はサポーターズ・カレッジ会員ですか? 参加しませんか